2019年3月27日(水)

四国4県景気判断、11月も据え置き 日銀

2018/12/14 20:50
保存
共有
印刷
その他

日銀の高松、松山、高知の3支店と徳島事務所は四国4県の11月の金融経済概況をまとめた。堅調な個人消費を背景に、4県とも景気判断を据え置いた。

愛媛は「足取りをより確かにしながら緩やかな回復を続けている」とする景気判断を据え置いた。西日本豪雨の影響について、観光では風評被害がおさまっていることに加え、観光宿泊費を割り引く「ふっこう周遊割」や「ワンコイン観光バス」など各施策の押し上げ効果もあり、判断を上方修正した。

高知・香川は「回復している」で判断を据え置いた。高知の観光は豪雨や台風の影響が緩和していることから、前回の弱含みから「持ち直している」と判断を引き上げた。

香川では個人消費の堅調さを指摘する声が多かった。家電販売では白物家電に加え、4Kチューナー内蔵テレビの売れ行きが好調だった。

徳島は「回復を続けている」を維持した。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報