日本初のフルフラットバス、都が25日運行開始

2018/12/14 22:00
保存
共有
印刷
その他

東京都交通局は14日、路線バスとして日本初となる「フルフラットバス」の運行を25日に始めると発表した。フルフラットバスは車内の通路後方にある段差を解消し、高齢者を含めて誰でも移動しやすくなる。車内前方での混雑を緩和する効果もある。先駆けて都営バスに導入し、都内のバリアフリー環境を整える。

車内の通路後方にある段差を解消したフルフラットバスを都営バスに導入する

まず大塚駅から錦糸町駅までの路線で運行を始める。導入する車両はスウェーデン社製で、価格は1両約3500万円。乗降口の段差がないノンステップバスに比べて1000万円程度高いという。2018年度中に29両を順次導入する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]