2019年9月23日(月)

電算システム、楽天銀行と組みアプリで払込票支払い

2018/12/14 20:08
保存
共有
印刷
その他

収納代行などのシステム開発を手がける電算システムは14日、楽天銀行と提携し、スマートフォン(スマホ)上で使う「楽天銀行アプリ」で通販や公共団体などの払込票のバーコードを読み取り、支払いができるサービスを始めると発表した。2019年2月末の開始を予定する。

400万件を超えるダウンロード実績のある「楽天銀行アプリ」に新機能を追加する。同銀行の個人普通預金口座を持つ顧客はコンビニなどに行かなくても、郵便などで届いた払込票をスマホで読み取って支払いできる。同銀行に残高があれば即時決済され、クレジットカードの登録や現金のチャージは不要となる。

また電算システムは、米ネバーウエア社(ニューヨーク州)と組み、法人が保有する古いパソコンの基本ソフト(OS)をChrome搭載として再生する事業を始めた。サポートが切れたウィンドウズなどのOSを搭載したパソコンの再生を目指す。料金はパソコン1台あたり年間6600円。19年は1万台の受注を目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。