2019年5月21日(火)

南山大、上智大と包括協定 双方向授業など

2018/12/14 18:09
保存
共有
印刷
その他

南山大学と上智大学は14日、連携・協力に関する包括協定を結んだ。今後、両大学で双方向授業の実施や国際会議への共同参加などを進める。同日、名古屋市内で行われた調印式で上智大の曄道佳明学長は「大学を取り巻く環境が変化するなか、強力なパートナーだ」と指摘。南山大の鳥巣義文学長は「良い関係をますます育んでいきたい」と話した。

包括協定を結んだ南山大の鳥巣学長(右)と上智大の曄道学長(14日午後、名古屋市昭和区)

ICT(情報通信技術)を活用した双方向授業のほか、単位認定や教材の相互活用なども行う。留学生や教職員の相互交流も実施していく。両大学はカトリック系大学として約60年にわたってスポーツ対抗戦を開催するなどつながりがあったが、具体的な協定などは今回が初めてという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報