/

この記事は会員限定です

ふくおかFG、債権移管「年内に半分終了」十八銀統合で

[有料会員限定]

ふくおかフィナンシャルグループ(FG)の柴戸隆成社長は14日、十八銀行との経営統合にあたって公正取引委員会が他の金融機関への債権の一部移管を求めていることについて「年内には半分(金額ベース)は終わる」との見通しを明らかにした。公取委は原則、2019年4月までに1000億円弱移管するよう求めており、「金額からいけば順調に進んでいる」と語った。

日本経済新聞社などのインタビューに答えた。ふくおかFGと十八銀の経営統合を巡っては、長崎県内の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り293文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン