2019年8月26日(月)

チェーン規制省令が施行 今冬から13区間で

2018/12/14 17:34
保存
共有
印刷
その他

大雪で立ち往生が懸念される高速道路や国道の区間に設置する標識=共同

大雪で立ち往生が懸念される高速道路や国道の区間に設置する標識=共同

大雪の際、車両にタイヤチェーンの装着を義務付ける改正省令が14日、公布、施行された。今冬は2月に立ち往生が発生した福井県あわら市の国道8号など、国道や高速道路の計13区間が規制の対象となる。気象庁が大雪特別警報を出すような異例の降雪時にチェーン規制を実施する。

規制は過去に雪で立ち往生や通行止めが発生し、チェーン着脱や通行止めが解除されるまで待機するための場所を確保できる区間が対象。あわら市の国道8号を含め国道6、高速道路7の計13区間が予定されている。

規制が始まると、道路管理者が警察と協力して解除までの間、対象区間の手前で装着を確認する。スタッドレスタイヤでもチェーンを装着していなければ通行できない。

違反すると、道路法に基づいて、6月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられる。

国土交通省と警察庁は区間の詳細に関する調整や、チェーンなしでの通行を禁じる標識の設置などの準備を進める。

国土交通省発表資料「大雪時の道路交通の確保に向けた取り組みについて」より(1)

国土交通省発表資料「大雪時の道路交通の確保に向けた取り組みについて」より(1)

国土交通省発表資料「大雪時の道路交通の確保に向けた取り組みについて」より(2)

国土交通省発表資料「大雪時の道路交通の確保に向けた取り組みについて」より(2)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。