2019年2月23日(土)

福島第1原発、原子炉の冷却システムを小さく 21年メド

北海道・東北
科学&新技術
2018/12/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2011年の福島第1原子力発電所事故から今なおたまり続ける汚染水を減らすため、政府と東京電力は原子炉を冷やす仕組みを抜本的に改める。21年にも原子炉建屋などの狭い範囲で冷却水が循環する小規模なシステムを導入する。ただ、システムの設置前に建屋にたまった汚染水の排水や屋根の修復工事などを進める必要があり、実現への課題は多い。

福島第1原発では現在、事故で溶け落ちた核燃料を冷やすため、常に原子炉に水を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報