/

この記事は会員限定です

政府、辺野古に土砂投入 県民投票を意識し年内着手

[有料会員限定]

米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画を巡り、政府は14日、埋め立て海域への土砂投入に踏みきった。当初計画より4カ月ほど遅れた。2019年2月24日に投開票が決まった辺野古移設の是非を巡る県民投票などを考慮し年内着手にこだわった。移設反対を主張する玉城デニー知事は追加の対抗措置を検討する。

「早期に辺野古移設と普天間返還を実現したい」。菅義偉官房長官は14日の記者会見で、移設工...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り991文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン