2019年6月16日(日)

ミカン卸値高止まり 災害で収量伸び悩み、需要も増加

2018/12/14 14:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ミカンの高値が続いている。東京都中央卸売市場の12月の卸値は記録的な不作だった2017年の同時期を下回るものの、18年ぶり高値だった16年に並ぶ。収穫は増える一方で西日本豪雨や干ばつに見舞われ、想定ほど出回っていない。豪雨後は西日本で雨が少なく、実の甘みが増し消費が伸びたことも価格を支える。需要が高まる年末年始にかけ、一段と値上がりする可能性もある。

12月上旬の東京都中央卸売市場のミカン類の平…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報