/

この記事は会員限定です

食品20社、成長頭打ちに 営業増益率1%どまり

19年3月期 消費低迷、値下げ圧力強く

[有料会員限定]

大手食品メーカーの業績が頭打ちになってきた。2019年3月期は大手20社を合計した営業利益が7年連続で増加するものの、伸び率は1%に鈍化。売上高営業利益率は6.0%と、2年連続で低下する見通しだ。消費の低迷やネット通販の台頭で小売業者から値下げ圧力が強まっているほか、物流費などのコストが増加している。

株式時価総額が大きく、業績を継続して比較できる3月期決算の大手20社を合計した営業利益は17年3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1395文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン