スマホ販売支える高性能カメラ、画像センサー需要急増

2018/12/14 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スマートフォン(スマホ)のカメラ高度化で、半導体のCMOS(相補性金属酸化膜半導体)イメージセンサーの需要が増えている。スマホの出荷台数は世界的に落ち込んでいるが、メーカーがカメラの搭載個数を増やした高性能品を相次ぎ投入。CMOSセンサー搭載数の増加につながっている。一部では価格が上昇しており、2019年には供給が不足するとの見方も出始めた。

■複眼カメラ、18年は前年比8割増

CMOSイメージセ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]