進まぬ手術の全件録画 医師の抵抗感や費用負担課題に

2018/12/13 21:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

手術をすべて録画する病院がなかなか増えない。医療ミスが疑われる際、録画は原因などを調べる上で有力な手がかりとなる。ただ愛知県弁護士会の調査によると、中部3県(愛知、岐阜、三重)の病院で全件を録画しているのはごくわずか。撮影されることへの執刀医らの心理的な抵抗感や、機器設置の費用負担が二の足を踏ませているようだ。

年間8千件以上の手術を行う名古屋大学病院(名古屋市昭和区)。従来は一部の手術室にしか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]