2019年3月20日(水)

山形市の支援拠点「Y-biz」 開所式、無料で経営相談

2018/12/13 22:00
保存
共有
印刷
その他

山形市は13日、山形市売上増進支援センター(Y―biz、ワイビズ)の開所式を開いた。売り上げを増やしたい企業の相談に、公募で選ばれた大手企業出身の2人が無料で対応する。その後、モデルとなった静岡県富士市の支援施設、エフビズの小出宗昭センター長らが「お金をかけずに智恵を絞れ」と題して講演した。

東北初の拠点としてオープンしたY-biz(左の2人が相談員、山形市)

実際の相談業務は1月4日に始める。既に100件以上の予約が入っており、「全国20カ所のエフビズモデル中で最も地元の注目度が高い」(小出氏)という。2カ月以上、研修を受けてきたワイビズの富松希センター長は「魅力的な店や商品が増えれば街も元気になり、市民にもメリットがある」と述べた。

相談は市内を優先に市外も受け付けるほか、農業やNPO、コミュニティービジネスなど幅広く対応する。尾上雄亮プロジェクトマネージャーは「我々もゼロからの挑戦。チャレンジャー同士でうねりを作りたい」と意気込みを語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報