/

この記事は会員限定です

すし「久兵衛」VSオークラ こじれた老舗のいさかい

[有料会員限定]

東京・虎ノ門の「ホテルオークラ東京」内で半世紀以上営業してきた高級すし店「久兵衛」が、オークラ側を相手に訴訟を起こして争っている。原因となったのは、2019年秋の開業に向けて建設が進むオークラ新本館での入居場所だ。

久兵衛は1964年にオークラ東京に出店。旧本館4階、ホテル直営の和食店「山里」に近接した場所で営業してきた。

建設中の新本館は中層棟「ヘリテージウイング」(17階建て)と高層棟「プレス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り637文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン