2019年1月18日(金)

ジェトロ、アフリカのスタートアップと連携促進

スタートアップ
中東・アフリカ
2018/12/13 18:21
保存
共有
印刷
その他

日本貿易振興機構(ジェトロ)は13日、有望なアフリカのスタートアップ企業を発掘し、日本企業との連携を促す事業を始めると発表した。

記者会見するジェトロの石毛博行理事長(13日、東京・港のジェトロ本部)

急速にIT(情報技術)化が進むアフリカでは新興企業の設立が相次いでおり、ジェトロは今後の成長が期待できるアフリカ企業100社を2019年に公表する予定。情報発信を通じて、市場の拡大が見込めるアフリカ進出を支援する。

南アフリカやナイジェリア、モロッコなどアフリカ9カ国の企業を対象とする。農業や医療、金融、環境エネルギーといった業種から、アフリカが抱える社会課題の解決に有望とみられる技術を持つ企業を来年2月に公表する。

選出企業は19年8月に横浜市で開く第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に招くほか、国内にあるジェトロの拠点でも広く情報を発信する。同日に記者会見したジェトロの石毛博行理事長は「アフリカビジネスはかつて大手が中心だったが、地方の中小企業にも見てもらって裾野を広げていきたい」と今後に期待を寄せた。

アフリカのスタートアップと日本企業の連携を促すために、ジェトロ本部に「アフリカ・スタートアップ連携促進デスク」も新たに設けた。アフリカにあるジェトロ事務所や現地のスタートアップ企業と連携し、日本企業による出資や提携といった事業を支援する。

(世瀬周一郎)

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報