/

この記事は会員限定です

eスポーツ、企業も熱中 日本は出遅れ感

[有料会員限定]

ゲーム対戦競技「eスポーツ」に関心を高めるスポンサー企業が増えている。2018年の国内市場は48億円と前年の13倍になる見通しで、優勝賞金が1億円を超える大会も出てきた。「ゲーム大国」日本でも急拡大するeスポーツだが、世界では米国や韓国のゲームの採用が多い。日本勢も巻き返しに動くが、海外展開の遅れなど課題は多い。

eスポーツは観客の前でゲームの腕を競うもので、競技内容は球技や格闘など様々だ。18年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1263文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン