/

この記事は会員限定です

EV走行中給電で長距離ドライブ 意外なほど低コスト

充電技術が決めるEVの未来(4)

[有料会員限定]
日経エレクトロニクス

電気自動車(EV)が道路から給電を受けて走る走行中給電が実現すれば、余計な電池を持たずに、距離無制限の長距離走行が可能になる。市街地および高速道路に給電機能を導入するための費用は、大容量電池を搭載するEVを普及させる費用に比べて大幅に安い。

路面にワイヤレス給電装置

電力を非接触でEVに供給する「ワイヤレス給電(WPT)」を、駐車場などでの停車中の利用だけにとどめていては、本来のポテンシャルを引き出したことにはならない。駐...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1765文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン