2019年6月25日(火)

アンゴラ、中国依存見直し、投融資で日米欧に期待
新投資法整備、電力・水利相会見

2018/12/13 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アフリカ南部の産油国アンゴラが過度の中国依存を見直す考えだ。同国のボルジェス電力・水利相が都内で日本経済新聞の取材に応じ「融資を受ける相手の多様化を進めたい」と述べた。現在は対外債務の7割強を占める中国向けの比率を減らす意向。2018年6月には新たな投資法を整備しており、日本や欧米からの資金調達や投資を広げたい考えだ。

世界銀行によると、アンゴラの2017年時点の対外債務額は372億ドル(約4兆…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報