/

相鉄、東京都心への接続路線名「新横浜線」に

相模鉄道と東京急行電鉄は13日、東京都心部への相互直通運転に関し、建設中の接続路線の名称を「新横浜線」に決めたと発表した。新横浜駅(横浜市)を境界として南側を相鉄、北側を東急が運営する。同駅で東海道新幹線に乗り継ぐことができ、利便性が高まることを理解しやすい名称にした。

相鉄は2019年度下期にJR線、22年度下期に東急線への相互直通運転を始める。相鉄本線の西谷駅(同)から分岐し、相鉄新横浜線の新駅、羽沢横浜国大駅(同)までの約2.7キロメートルの区間を先行開業する。同駅からはJR東海道貨物線を経由して東京都心への乗り入れを始める。

22年度下期には新横浜駅や新設する新綱島駅(同)を経て、東急線の日吉駅(同)までの約10キロメートルを開業する。相鉄は「JR線、東急線のどちらに直通する列車であるかを分かりやすく案内したい」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン