性同一性障害、当事者が求めるものは 医療費の壁も

2018/12/14 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

体と心の性が一致せず苦悩する性同一性障害(GID)。LGBTと呼ばれる性的少数者全体としては理解が広がりつつあるが、中でも治療が必要なGIDには対応が進まない。GIDの当事者は何に悩みどんな対応を求めているのか。

■体に違和感、見た目の支援必要

新潟県に住む会社員の達也さん(仮名、39)は、長く2つの性を生きてきた。長女として生まれたが「女の子は異性だった」。小学校までは男子と遊び「ガキ大将だった…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]