2019年2月21日(木)

空調効率、生活パターン分析で向上(新製品・解剖)

コラム(ビジネス)
エレクトロニクス
2018/12/20 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

シャープのエアコン「Xシリーズ」は人工知能(AI)を使って省エネ性能を一段と高めたエアコン。ユーザーの部屋の冷えやすさや暖めやすさといった特性や、1日の生活パターンを分析・学習し、家庭ごとに無駄の少ない運転に制御する。エアコンメーカーは長年、省エネ性能の代表的な目安である期間消費電力量を左右するハード面の改良に、熱交換部品を中心にしのぎを削った。それが限界に近づき、冷媒やセンサーによるソフト面の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報