2019年3月23日(土)

ソフトバンク、中国製機器なぜ排除 3つのポイント

3ポイントまとめ
2018/12/13 15:46
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンクは華為技術(ファーウェイ)など中国企業の通信基地局をなくす方針です。機密情報の流出など安全保障上の懸念から、中国製品を排除する動きが世界的に広がっています。

ファーウェイとソフトバンクは共同で、5Gを使ったオフィス向けのロボットを展示会で公開していたが…

ファーウェイとソフトバンクは共同で、5Gを使ったオフィス向けのロボットを展示会で公開していたが…

(1)米国政府が懸念強める

中国が軍事情報を盗み出しているなどとして、米国政府は中国製の通信機器を閉め出しています。米連邦通信委員会(FCC)は4月、中国企業を念頭に、米通信会社が安全保障上の懸念のある企業から機器を調達することを禁じる方針を決めました。同盟国に働きかけ、オーストラリアなどが同様に中国製品の排除を決めました。

米、中国大手2社の通信機器 調達禁止へ

(2)日本政府も同調

日本政府もファーウェイなどを念頭に中央省庁の情報通信機器の調達に関する新指針を定めます。日中関係が改善していることから、指針などでの企業の「名指し」は避けて一定の配慮をしているようです。

ファーウェイ排除念頭、民間に協力要請 政府 14分野で

(3)携帯大手、5Gで採用せず

NTTドコモKDDI(au)、ソフトバンクは次世代通信「5G」で中国製の基地局などを使わない方針です。2019年に参入する楽天も同様です。ただ、ファーウェイの技術力は高いとされており、中国製を採用しないことによるマイナス面が出てくる可能性があります。

携帯4社、5G投資で中国製使わず 政府に同調

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報