/

この記事は会員限定です

東京五輪と衛星通信 NEC会長 遠藤信博

[有料会員限定]

私は、1981年に入社し衛星通信システムの開発に従事したが、その後の数十年で情報通信システムは大きく進化し、利用形態も変化した。そして、それらの進化の上にAIや、あらゆるモノがネットにつながるIoT等が今や人間社会を支える大きなインフラとなろうとしている。

衛星関係の職についた遠因は、小学4年の時に体験した日米間での衛星通信実験だ。ケネディ大統領の悲報が速報で伝えられ、リアルタイム性のあるグローバ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り460文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン