/

年俸・人間関係…FA選手 決断の決め手は様々

今年のストーブリーグは大物選手の移籍のニュースが次々に飛び込んできた。激しい争奪戦が繰り広げられ、羨ましいというほかない大型契約も結ばれた。野球選手はいつダメになるか分からない商売だ。稼げるうちに少しでも多く稼いでおきたい。とはいっても、カネがすべてというわけでもない。

選手ならやっぱり気になる他球団の評価

選手は自分を最も高く評価してくれるチームでプレーしたいと思っている。実際に移籍するかどうかはともかく、色々な球団が自分をどうみているのかは気になるところだ。僕は中日時代の2001年にフリーエージェント(FA)権を行使した。横浜(現DeNA)から声がかかり、かなりの好条件を出してくれた。それでも結局、移籍しなかった。

理由のひとつはフロントと現場の温度差だ。フロントは熱心に誘ってくれたが、現場の監督からは「どうしてもうちに」という気持ちが伝わってこなかった。一方、中日は星野仙一さんから山田久志さんに監督が代わり、熱心に引き留めてくれた。その期待に応えたかった。実際は、その山田監督とソリが合わず、1年でオリックスに飛び出してしまうのだが……。

巨人の入団記者会見で原辰徳監督(右)とグータッチをする炭谷銀仁朗捕手=共同

丸佳浩が広島から巨人に移ったのは理解できる。今季の2倍を優に超える年俸をもらっての5年契約。広島、ロッテも頑張ったが、自分という商品を最も高く評価してくれるチームが巨人だったということだろう。広島ファンは残念だろうが、自然な結論だ。

しかし、今オフの巨人の補強策には賛同できない。チームの中心を期待できる丸の獲得はうなずけるが、全盛期からはほど遠く、オリックスを自由契約になった中島宏之を1億5000万円も出して取るのはどうなのか。西武からFA宣言した炭谷銀仁朗を獲得したのも理解に苦しむ。小林誠司ら生え抜きの捕手とそれほど違うのだろうか。いくら選手を集めてもポジションは9つしかない。選手を持て余すような補強は考え物だ。

僕の古巣の楽天も石井一久ゼネラルマネジャーの下、積極的に動いた。最大の収穫は西武から引き抜いた浅村栄斗だ。破格のオファーをしていたソフトバンクとの争奪戦を制したのは気持ちいい。相当な金額を積んだようだが、サッカーのアンドレス・イニエスタさんには30億円以上といわれる年俸を払っている会社である。その気になれば出せるのだ。岩隈久志も復帰するのかと思っていたが、こちらは巨人に行ってしまった。

浅村に関しては、金額よりも人のつながりが大きかったのだろう。石井GMのほか、渡辺直人、岸孝之ら西武時代のチームメートがそろっていて溶け込みやすい。ソフトバンクのような強いチームでプレーするのもいいが、今季最下位の楽天の一員として強いチームを倒すのも面白い。そんなチャレンジ精神もあったかもしれない。

菊池も抜け、西武には厳しいオフ

かたや、今季のパ・リーグを制した西武には厳しいオフとなった。主将の浅村、炭谷がFAで去り、エースの菊池雄星もポスティングでの米大リーグ移籍が見込まれる。主力選手の流出はもはや風物詩。チームが弱くて優勝できなかったり、年俸が抑えられがちだったりするわけでもないのに、どうしてこれほど流出するのだろう。

楽天と契約し、石井一久GM(左)と握手する浅村栄斗内野手=共同

チーム内の人間関係や細かいことは分からないが、本拠地球場の立地や設備がハンディになっているのは確かだろう。壁面がないドーム球場は日が当たらず、風通しが悪い。春先や秋は冷え、夏にはサウナのように蒸す。空調の利いたドーム球場と比べれば、消耗度には雲泥の差がある。都心から遠い立地もマイナスだ。メットライフドームに限らず、パ・リーグの本拠地は主要駅や空港から離れているところが多く、通勤や遠征の負担はセ・リーグより確実に大きくなる。

実体験を踏まえ、改めて12球団で本拠地にしたい球場を考えてみると、総じてパのチームは後になってしまう。ではぜひとも本拠地にしたいのはどこか? これは迷わず東京ドームだ。空調は利いているし、アクセスもいい。ホームランも出やすい。あ、僕も巨人を選んでしまった。(金額は推定)

(野球評論家)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン