2019年3月21日(木)

世界航空業界の最終利益 19年は10%増の4兆円 IATA予測

2018/12/13 3:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ジュネーブ=細川倫太郎】国際航空運送協会(IATA)は12日、2019年の世界の航空業界の最終利益が18年見込み比10%増の355億ドル(約4兆円)になるとの予想を発表した。原油安による燃料費負担の減少や、旅客需要が底堅く伸びることが追い風になる。ただ、貿易戦争などリスク要因は多いとも指摘、経営環境の先行きに不透明感があることを示した。

19年の原油価格は1バレル平均で65ドルと、18年から8…

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報