2019年8月24日(土)

中国、国家安全危害容疑で捜査 カナダ元外交官

2018/12/13 0:43
保存
共有
印刷
その他

【北京=永井央紀】中国の有力紙、新京報(電子版)は12日、カナダの元外交官マイケル・コブリグ氏が中国の国家安全に危害を加えた容疑で10日から北京市国家安全局の取り調べを受けていると報じた。同氏はブリュッセルに本部を置くシンクタンク国際危機グループ(ICG)で北東アジアを担当するシニア・アドバイザーで、北京のカナダ大使館での勤務経験がある。

国家安全危害容疑はスパイ罪などが該当するが、詳細は明らかになっていない。中国外務省の陸慷報道局長は記者会見で、コブリグ氏の拘束について事実確認を避けながらも、ICGは中国で所管部門に登録していないため「中国での活動は外国非政府組織(NGO)国内活動管理法に違反することになる」と指摘した。

北京の外交筋によると同氏は中国語が堪能で、香港を拠点に活動していた。北京に訪れて各国の外交官と意見交換する機会も多かったという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。