2019年8月19日(月)

カンゾウなど薬用作物 岡山・高梁で栽培広がる

2018/12/13 4:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

岡山県高梁市で漢方薬の原料「生薬」に使われる薬用作物の栽培が盛んになってきた。同市は2016年制定の「まち・ひと・しごと総合戦略」で薬草栽培産地化促進を掲げ後押ししており、生産団体が「カンゾウ」や「ミシマサイコ」「シャクヤク」に取り組んでいる。国内需要の8割を占める中国産生薬の価格高騰もあり、薬用作物栽培に弾みが付きそうだ。

「匂いなのか、ミシマサイコの畑にはイノシシが来ないんですよ」。高梁市中…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。