/

この記事は会員限定です

AIで裁判過程分析 静岡大、情報学研などと共同研究

[有料会員限定]

静岡大学は国立情報学研究所などと共同で、人工知能(AI)を使って裁判の過程を分析するシステムの構築に乗り出した。実際の裁判は事実認定や判断に曖昧な部分が多いが、AIが判断に至るまでの法的根拠や論理を可視化する。実現すれば煩雑な裁判の過程を簡素化でき、一般市民が参加する裁判員裁判の支援にもつなげられる。

共同研究は国立情報学研究所の佐藤健教授を代表に、静大の狩野芳伸准教授、北海道大学の吉岡真治教授ら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り748文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン