/

茨城の新銘柄豚「常陸の輝き」、まず県内で17日発売

茨城県は17日、新たな県産ブランド豚「常陸の輝き」を発売する。県やJA全農いばらきなどが手掛ける「ローズポーク」に続く高品質な県産豚と位置づける。県内6カ所の精肉店などで取り扱い、徐々に販売店を増やす。18~30日には東京・銀座の県のアンテナショップ「イバラキセンス」で料理を提供する。

県畜産センター養豚研究所が開発したオスの種豚「ローズD-1」にメスの交雑種を交配した。麦を多くし、乳酸菌を加えるなどした専用のエサを与え、柔らかく、ジューシーな肉質という。

価格は販売店で異なるが、ローズポークの100グラム当たり300円に対し、常陸の輝きは同350円を目標とする。ブランド化により環太平洋経済連携協定(TPP)発効で増加が見込まれる低価格の輸入豚肉に対抗し、減少傾向の養豚農家を支える狙いもある。

当面は月250~300頭を出荷予定。2020年度に3万頭の出荷を目指し生産者を増やす。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン