/

この記事は会員限定です

首都圏の空き家対策、担い手・利用に新顔

[有料会員限定]

首都圏の空き家対策で、新たな担い手や利用者が出てきている。神奈川県では鉄道会社が転貸などを実施し、埼玉県内では住民らが家主に活用法などを助言できるよう育成を始めた。東京都は社会起業家に、千葉市はNPOに利用を促す。自治体だけでなく幅広く対策に参画してもらうことで空き家になることを抑え、良好な地域環境の維持を目指す。

埼玉県毛呂山町は空き家の処分などに悩む家主に、助言できる人材育成に取り組む。不動産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り731文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン