/

この記事は会員限定です

TPP11が30日発効、構える東北農家 輸出探る動きも

[有料会員限定]

米国を除いた11カ国による環太平洋経済連携協定(TPP11)が30日に発効する。農業など1次産業が盛んな東北では、関税が下がり輸入農産品が拡大することに警戒感が広がる一方で、輸出に活路を求める動きも出ている。欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)も2019年2月にも発効する見込み。生産者らは守りだけでなく攻めの姿勢も迫られる。

●警戒

17年、政府はTPP11が農林水産物の生産額に与える影響を品...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1016文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン