道南バス 倶知安~洞爺結ぶバスを運行

2018/12/12 22:30
保存
共有
印刷
その他

道南バス(北海道室蘭市)は22日、JR北海道などの補助を受けて、倶知安―洞爺駅間をバスを運行する実証実験を始める。2019年1月15日まで、片道約2時間で1日1往復する。二次交通を充実させて、訪日外国人客の周遊を促す。

スノーリゾートとして世界的に知られるニセコは、倶知安町ひらふ地区を中心に、冬季は大勢の外国人観光客が集まる。倶知安駅を出発してひらふ地区、洞爺湖温泉を経由して洞爺駅へ向かうバスの運行で、訪日客の利便性を高め、鉄道の利用促進にもつなげる。

これまでひらふ地区から洞爺方面に向かうには、留寿都村でバスを乗り換える必要があった。

ひらふ地区から洞爺湖温泉へは片道約1時間半で行くことができる。吹雪などでスキーができない日などに、ニセコで滞在する訪日客に洞爺湖温泉へ日帰りで訪れてもらうような利用を想定している。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]