2019年5月26日(日)

イオン北海道とMV北海道、ベトナムから実習生受け入れ

2018/12/12 22:00
保存
共有
印刷
その他

イオン北海道マックスバリュ北海道は外国人実習生を初めて受け入れる。11日に開いた合同入社式で、ベトナム人40人が入社した。両社で20人ずつで期間は3年、各店舗で総菜製造を担当し、商品を陳列するなど売り場に出る機会も作る。軌道に乗れば、今後も継続して受け入れていく方針だ。

実習生を支援するため、両社は家具付きの住居を用意したほか、マックスバリュは日本語が堪能なベトナム人社員を採用した。今回入社した実習生は自国や日本で日本語研修を受けており、10日ほどの座学研修を経て、業務に就く予定だ。

同社は「現在はそれほど人手不足が深刻ではないが、5~10年先を考えると、今から体制を構築し知見を蓄積することが重要」(経営企画部)としている。

道内の小売業ではアークスやコープさっぽろが外国人実習生を受け入れている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報