/

この記事は会員限定です

受精卵のゲノム編集、なぜ問題 優生思想と表裏一体

[有料会員限定]

遺伝子を効率よく改変する「ゲノム編集」技術で双子が生まれたと中国人研究者が主張し、世界から非難の声があがった。病気を治療しようとする研究は米国や中国、英国などで進んでいるが、臨床試験(治験)が認められているのは大人向けだけで受精卵は規制されている。編集は遺伝子改変の影響が世代を超えて続く恐れがあるなど安全と倫理の両面が問われる。

ゲノム編集は遺伝子を狙った場所で切断し、書き換える技術だ。遺伝子を切...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1728文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン