2019年9月22日(日)

新潟県、知事会見録をAIで作成 作業時間半減

2018/12/12 22:00
保存
共有
印刷
その他

音声認識ソフトのアドバンスト・メディアは12日、人工知能(AI)を活用した議事録の作成支援サービスが新潟県に採用されたと発表した。県は同サービスを使って花角英世知事の定例記者会見記録を作成しており、従来より作業時間が半分以下に減ったという。県が9月に定めた「働き方改革行動計画」による取り組みの一環だ。

同社のサービス「プロボクスト」はサーバーに送られた音声を、AIの音声認識によって文字化して返信する。音声を文字に変える作業にかかる時間は、最大でも音声が流れる時間と同程度という。

議事録などを作るのに必要な作業は、音声を送る手続きとテキストの修正のみで済む。

県によると従来は40分程度の記者会見の会見録の作成に7~8時間、3人程度の人員を費やしていた。

新システムではほぼ同様の条件で3時間程度、人員も1~2人に抑えられているという。

新潟県は1月に県教育委員会の女性職員が死亡した問題を受け、9月に働き方改革の行動計画を策定。AIやIT(情報技術)の有効利用などを通じ、長時間労働を改善する方針を掲げた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。