/

小田急が移動サービス開発へ 電車・バス・カーシェア連携

小田急電鉄は12日、移動手段をサービスとして提供するMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス、マース)向けのアプリを開発すると発表した。自社グループの鉄道やバスに加え、他社の自動車・自転車シェアサービスと連携し、複数の交通手段を横断的に提案できるようにする。2019年中に観光地・箱根や沿線の市街地で実証実験する予定だ。

同社によると鉄道会社が主導するMaaS事業は国内初。スマートフォン(スマホ)上のアプリ1つで公共交通からカーシェア、自転車シェアまで最適な移動手段が選べるサービスの実現を目指す。

「小田急MaaSアプリ」(仮称)では小田急グループが東京都や神奈川県で展開する鉄道やバスなどの情報を提供。またカーシェア最大手パーク24系の空き車両や、NTTドコモ子会社が運営する自転車シェアの利用可能台数を、サービスが使える場所とともにわかるようにする。これらシェアサービスの予約システムとも連携予定だ。

アプリ向けの経路検索の仕組みは「駅すぱあと」で知られる大手のヴァル研究所(東京・杉並)が手掛け、情報精度を担保する。

実証実験はまず19年末までに神奈川県の箱根エリアと、新百合ケ丘駅(川崎市)から町田駅(東京都町田市)までの沿線地域で実施する。箱根では、渋滞の原因となるマイカーに代わって公共交通を選んでもらい、新百合ケ丘・町田では土曜・休日に多いマイカー利用から公共交通への乗り換えを促す狙いだ。

実験エリア内では小田急グループを中心とする商業施設などと連携して割引優待などを提供し、アプリ利用の動機づけをはかる。電動車椅子サービスも用意して、高齢者や障害者にも配慮する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン