2019年2月22日(金)

地場産業の後継ぎ確保へ 大学と中小企業がタッグ
関西共創 進路は経営者(上)

大学
関西
2018/12/12 17:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

立命館大学や関西大学が地元の中小企業などと組み、学生を対象とした地場企業の後継者育成プログラムを始めた。関西には約60万の中小企業が立地し、次の経営者が決まっていないケースも多い。家業の後継ぎという選択肢を提示し、地域経済の担い手を育てる。

「家業を継ぐまでに何をしたらいいのか学びたかった」。立命館大経営学部4回生の玉木大貴さんは、立命館大が2018年度に始めた「事業継承塾」を受講した理由をこう…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報