/

UDトラックス、港湾など限定の完全自動運転車公開

UDトラックスは12日、港湾などに走行場所を限定した完全自動運転のトラックを公開した。2019年から実証実験を始め、20年以降に実用化する。自動運転関連の法規が整っていない公道を避け、実用化の見通しやすい場所や用途に的を絞る。物流業界の人手不足の解消につなげる。

「どこでも走れる完全自動運転はかなり先になる。限定領域に集中することに決めた」。12日に埼玉県上尾市の本社で開いた発表会で開発部門のトップを務めるダグラス・ナカノ氏は強調した。

今回公開した完全自動運転車は人に代わってシステム側が車を操作する「レベル4」段階の技術を搭載する。車両の天井部分に全地球測位システム(GPS)用のアンテナ、前方には障害物検知用の「目」となるセンサー「LiDAR(ライダー)」を備える。不測の事態が発生しにくく、道路交通法の規定のない港湾や物流倉庫内を走行場所として想定している。

実用化すれば、港湾での荷物の積み下ろしに必要なトラックの移動をシステム側に任せ、運転手は休息をとれるようになる。当初は機器の故障に備えて人が運転席に座る方式で運用するが、最終的には無人運転としたい考え。

公道での完全自動運転については、政府は25年以降にレベル4段階の技術を搭載したトラックを使った物流サービスを展開する方針を掲げる。いすゞ自動車日野自動車はこの方針に沿って25年以降に自動運転車を投入する計画だ。人手不足の解消を促す次世代技術の開発が進んできた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません