2019年7月17日(水)

カタール脱退とOPECのたそがれ  編集委員 松尾博文

ニュースこう読む
コラム(ビジネス)
(1/2ページ)
2018/12/14 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

カタールが石油輸出国機構(OPEC)から脱退する。同国の原油生産量は日量60万バレルと、OPEC全体の生産量に占める比率は2%にすぎない。脱退しても原油の需給に与える影響はわずかだが、OPECの結束に与える打撃は計り知れない。脱退は価格カルテルとしてのOPECの変質を示す証左であり、OPECの「終わりの始まり」でもあるからだ。

「最初で、最後の総会だ」。ウィーンで6日に開かれたOPEC総会にカタ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。