「お~いお茶」の茶殻で人工芝 伊藤園、東京駅周辺に

2018/12/12 16:50
保存
共有
印刷
その他

伊藤園は12日、三菱地所が再開発事業を進める東京駅周辺区域で、「お~いお茶」の茶殻をリサイクルで活用した人工芝の休憩スペースをオープンした。スペース全体でペットボトルの「お~いお茶」約1万2300本分の茶殻を使用した。茶殻を使った人工芝は抗菌消臭や、表面の温度上昇を抑える効果があるという。

伊藤園がオープンした「常盤橋ティーズ パーク」。茶殻を使ったチップを人工芝に採用した

「常盤橋ティーズ パーク」(東京・千代田)を竣工した。ミズノと共同開発した茶殻配合のチップ「グリーンティー」を人工芝に使用した。従来のゴムチップと比べて、表面温度を最大で7度抑える効果があるという。人工芝のほか、ベンチや自動販売機につけるシートにも茶殻をリサイクル利用した。

ペットボトルの茶飲料の需要拡大に伴い、茶葉の排出量も年々増加しているという。伊藤園は茶殻に抗菌性など有効成分が残っていることに着目。畳や建材、段ボールなど約100種類の茶殻リサイクル製品を開発している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]