/

この記事は会員限定です

石炭火力へ批判相次ぐ、COP24 日本も矢面に

[有料会員限定]

【カトウィツェ=塙和也】ポーランドで開かれている第24回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP24)で、石炭火力発電への逆風がさらに強まっている。大量の二酸化炭素(CO2)を排出するため、国際NGOなどが批判を繰り広げた。欧州を中心に石炭火力から投資を引き上げたり取引を中止したりする「ダイベストメント」も急速に広がっている。

「問題が大きい」。11日午後、米国がCOP24の会場で開いた最新鋭の石...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り793文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン