レーシングワールド

フォローする

躍進続く3歳馬、その裏に生まれ月の人為的早期化

(1/3ページ)
2018/12/15 6:30
保存
共有
印刷
その他

3歳馬が古馬混合のG1で好成績を残している。11月18日のマイルチャンピオンシップ(京都)をステルヴィオ(牡、美浦・木村哲也厩舎)が制すると、ジャパンカップ(11月25日、東京)をアーモンドアイ(牝、美浦・国枝栄厩舎)、チャンピオンズカップ(12月2日、中京)をルヴァンスレーヴ(牡、美浦・萩原清厩舎)が勝ち、3歳馬がG1で3連勝を飾った。12月1週までに3歳馬が秋の古馬混合G1を3勝したのは、1984年のグレード制導入以降では初めてのことだ。今年に限らず、近年は古馬混合戦で3歳馬の成績が向上している。背景には何があるのか。

ジャパンカップを制したアーモンドアイ(左)。スタートから好位置につける万全のレースだった=共同

ジャパンカップを制したアーモンドアイ(左)。スタートから好位置につける万全のレースだった=共同

ステルヴィオ、アーモンドアイ、ルヴァンスレーヴの3頭ともに、先行集団の馬群の内側から抜け出してくる完璧なレースぶりで勝った。3頭とも、以前はスタートで出遅れて後方からの競馬になることが多かったが、今回はいずれもスタートを決め、絶好位からレースを進めた。成長ぶりがひと目でわかる3歳馬らしいレース内容でのG1の3連勝だった。

「毎年強い3歳馬」連対率にもくっきり

条件戦も含めた古馬混合戦の3歳馬の連対率(出走馬のうち2着以内に入った馬の割合、障害戦除く)を調べると、上昇傾向にあることがわかる。20年前の98年から2006年までの最高は98年の15.5%で、他の年は13.3~14.8%にとどまった。それが07年に17.1%を記録すると、それ以降は13年を除き、毎年16%以上の数字を維持している。18年も12月9日終了時点で17.8%と高い。比較的成長の遅い馬が多かった17年の3歳世代も10月以降に成績を上げ、16.6%を記録している。

98~06年までは4歳馬の連対率を上回ったことが無かったが、その後は07、09、10、14年で4歳馬を上回った。最近も17年は4歳馬が16.7%、18年は17.8%で、3歳馬は4歳馬とほぼ互角に渡り合っている。近年の3歳馬が強くなっているのは数字からみても確か。これまで3歳馬が好結果を残すと、「今年の3歳世代は強い」と話題になってきた。が、その強い世代が翌年の3歳馬に押されている傾向が続いているのをみると、もう3歳馬は毎年強いものだと認識したほうがいいといえる。

なぜこうした流れができたのか。この夏、3歳馬で重賞に挑む前、レースに向けた最終追い切り後に古馬との力関係を問われた騎手の福永祐一が興味深い言葉を発した。「最近の馬は以前と比べると、生まれる時期が早くなっているし、あまり3歳というのは関係ないのでは」

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

レーシングワールド 一覧

フォローする
久々に入場したファンが見守る中、パドックを周回する毎日王冠出走馬(11日)

 中央競馬は10月10日の東京、京都、新潟開催から、コロナ禍で取りやめていた観客の競馬場入場を限定的に再開した。本来なら、8月15日の新潟から始めるはずだったが、当時の感染拡大で2カ月近く先送りされて …続き (10/17)

史上初の凱旋門賞3勝目を目指すエネイブル。すでに6歳、力が衰えている可能性も=ロイターロイター


 欧州最高峰のレースのひとつ、凱旋門賞(G1、仏・パリロンシャン、芝2400メートル)が4日に行われる。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、日本馬の出走は2019年から長期にわたって欧州滞在を続ける …続き (10/3)

ダービーを圧勝、15年ぶりの無敗三冠に挑むコントレイル=JRA提供JRA提供

 コロナ禍に伴う無観客開催が長期化する中、中央の秋季競馬が幕を開けた。春に無敗のまま二冠を制した牡牝の3歳王者が、そろって三冠を達成するかが最大の見どころ。昨年末にホープフルステークス、今年は皐月賞、 …続き (9/19)

ハイライト・スポーツ

[PR]