/

この記事は会員限定です

姿現した次世代新幹線 JR東、航空路線への挑戦

[有料会員限定]

JR東日本は12日、最高時速360キロの運転を目指す新幹線の試験車両を報道陣に公開した。2030年に新幹線が開通する予定の東京―札幌間への投入を見据えた車両で、現在よりも40キロメートル速いスピードの実現を目指す。仙台などから札幌に向かう場合は新幹線の利用も選択肢の1つになりそう。ただ、長時間乗車になるため車内サービスの向上も課題となる。

試験車両「ALFA-X」(アルファエックス)は10両編成で、19年5月から走行を始める予定だ。現在は鼻の長さが異なる2種類(約16メートルと約22メートル)の先頭車両を製造中だ。

12日に川崎重工業の兵庫工場(神戸市)で公開されたのは鼻の長さが約16メートルの車両で、東北新幹線の最新車両「E5系」とほぼ同じ長さ。地震の揺れで新幹線が脱線することを防ぐため、新幹線に強い衝撃がかかった場合には部品自らが押しつぶされて衝撃を緩和する方法を採用している。

メンテナンスでは通常だと年2回程度実施されているが、ALFA-Xでは営業運転中の車両が地上設備や車両機器をモニタリングする。データの収集を通じて車両の劣化状況を把握し、都度、補修するなどの効率的なシステムを導入する。

速度アップ自体は技術的にはすでに実現可能だ。しかし、速くなれば騒音も大きくなり、音規制に抵触してしまう。そこで鼻の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り854文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン