世界に誇る 人生100年の国づくり 自民・小泉厚労部会長

2018/12/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自民党厚生労働部会は年金制度の通知書を変える提言を公表した。年金の受給開始年齢を60~70歳で選べる仕組みを新たに図で示す(「年金通知に『70歳開始で月額4割増』図示 自民提言」参照)。複雑な社会保障制度をわかりやすく伝え、国民の理解を深める狙いだ。その先に何があるのか。厚労部会長の小泉進次郎氏に聞いた。

■選択できる社会保障

――社会保障改革の先に描く国家像はどのような国づくりでしょうか。

「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]