カナダ元外交官、中国で拘束か ロイター報道

2018/12/11 23:20
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=中山修志】ロイター通信は11日、カナダの元外交官が中国で拘束されたと報じた。拘束の理由やカナダ当局による華為技術(ファーウェイ)幹部逮捕との関連は不明としている。拘束されたのは北京のカナダ大使館で外交官として勤務経験があるマイケル・コブリグ氏。現在は香港在住で、ブリュッセルに本部を置くシンクタンク「国際危機グループ」で北東アジアのアドバイザーを務めている。同グループは「マイケルの所在確認と安全確保に向けて情報収集に全力を尽くしている」とコメントした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]