インド中銀、新総裁にダス元財務次官 紙幣廃止の立役者

2018/12/11 23:05
保存
共有
印刷
その他

【ムンバイ=早川麗】インド政府は11日、インド準備銀行(中央銀行)の新総裁にシャクティカンタ・ダス元財務次官を任命すると発表した。2016年に政府が実施した高額紙幣廃止の立役者の1人だった。モディ首相に近い人物の登用で、中銀の独立性への懸念が高まる可能性がある。

モディ首相は16年11月に突然発表した紙幣廃止について、事前に情報共有したのは6~7人だったとされ、ダス氏はそのうちの1人だった。モディ氏の信頼が厚く、10日に辞任したパテル前総裁よりも金融政策などで政府の意向に沿った判断をする可能性もある。ダス氏は官僚出身で、中央政府と州政府の財政の不均衡を調整するために政策提言などをする財政委員会のメンバーでもある。前任のパテル氏とその前任者であるラジャン氏は学識経験者で、中銀の独立性を重視していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]