/

この記事は会員限定です

医療創業 支援2本柱 神戸市、企業集積促す

[有料会員限定]

神戸市は2019年から創業期の医療スタートアップ企業の支援を2本柱で検討する。自社の技術や将来性を医療関係者などに売り込むイベントの企画と、ノーベル生理学・医学賞を受賞した本庶佑氏がトップを務める神戸医療産業都市推進機構と組む最大500万円の助成制度だ。創薬や介護・健康などの分野で企業の成長を後押しするのが狙いだ。

市は民間の起業家育成パートナーを募集し、スタートアップ支援のリバネス(東京・新宿)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り590文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン