介護留学生支援へ協議会発足、まず東川など3町参加

2018/12/11 22:30
保存
共有
印刷
その他

北海道東川町は11日、外国人の介護人材を育てるため、上川地方の周辺自治体と連携し留学生に奨学金を支給する「外国人介護福祉人材育成支援協議会」を設立した。東川、幌加内、鷹栖の3町と介護関連の8施設がまず参加。介護現場を担う留学生を複数自治体で受け入れる全国でも珍しい枠組みとして2019年度に活動を始める。

富良野市など道内の11市町と12施設は賛助会員になり、将来に正会員となることも見据えて情報を…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]