中部電力が「情報銀行」参入へ 電力データを活用

2018/12/21 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中部電力が「情報銀行」に本格参入する。同社は、2018年12月に日本IT団体連盟が始めた情報銀行の認定審査に応募し、事業認定を取得する方針。電力会社で情報銀行事業の認定取得の意向が明らかになったのは初となる。

「政府が主導する情報銀行の認定を得ることで、消費者からの信用をさらに高めたい」。中部電力のコーポレート本部の黒木信彦部長は認定取得の理由をこう説明する。

情報銀行事業は、中部電力の新たな成…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]