/

この記事は会員限定です

東北セラミック、量産品2倍に増産 宮城の工場を増設

[有料会員限定]

セラミック製造の東北セラミック(宮城県亘理町)は工場を増設し、量産セラミック製品の主力である「サンセラ」を2倍に増産する。液晶パネル材料や電子部品などの製造工場の需要増に対応。2020年秋にも稼働し、23年度に会社全体の売上高を現在の1.3倍の15億円に引き上げる。

サンセラは電子部品メーカーなどが製品の焼成過程で使うセラミック製の敷板だ。材料を高熱で焼いて固める過程がある工場では、焼成時に製品を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り647文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン